オーストラリアでは、コアラの人口が3年間で30%減少しています。

2021-09-21

オーストラリアのコアラの個体数は減少しています。

プレスリリースで発表され、オーストラリアのコアラ基金30%をマーキング- (AKF)は月曜日種は45745の間と82170の2018年の人口数に比べて57920に32065の間の推定される現在の人口「急速な衰退」であると述べています過去3年間の国民動物の喪失。 

オーストラリアの各地域では人口が減少し、一部の地域では合計5〜10コアラにまで減少したとAFKは明らかにしました。  

オーストラリアのコアラ生息地の80%が消失したと報告している組織によると、動物は生息地の破壊や干ばつなどの脅威に直面しています。

現在、オーストラリアのコアラ財団の議長であるデボラ・タバートは、政治家に「注意を払う」よう求めています。

「これらの有権者のすべての連邦政治家は、今や彼らの有権者のコアラだけでなく、残っている生息地を保護するために通知されるべきである」とタバートはリリースで言った。「幸いなことに、多くの場合、良い生息地が残っています。今こそ行動を起こし、再び満腹にする時です。それがコアラの回復の様子です。」

最近の山火事の影響を受けたコアラは、2020年2月21日にオーストラリアのパルンダナにあるカンガルーアイランドワイルドライフパークで処理された後、原生林に戻されます。

関連:オーストラリアの山火事を生き延びた後、コアラのお母さんと彼女の赤ちゃんは野生に戻ってきました

タバート氏は、「2019-20年の恐ろしい山火事はもちろんこの結果に貢献したが、コアラの個体数が減少しているのは確かにそれだけではない」と付け加えた。

「干ばつ、熱波、コアラが飲む水が不足しているため、内陸部の人口が大幅に減少しているのを目の当たりにしました」と彼女は続けた。「月のように見える風景を見たことがあります。至る所に枯れ木や枯れ木があります。」

タバートは、コアラにとって「致命的な」脅威として土地の開墾を挙げ、特に「農業、住宅開発、採掘」のために生息地が破壊されているニューサウスウェールズ州とサウスイーストクイーンズランド州の開墾を指摘しました。

関連:コアラの日が近づいています!コアラの群れと一緒に自宅で仕事をして祝う

「私たちが愛する国の動物を危険から救うためには、コアラの主要な生息地での土地の開墾を止めるための緊急の行動が必要です」とタバートは言いました。

このグループは、動物の安全と繁栄を維持するためにコアラ保護法を求めています。AKFのウェブサイトは、提案された行為は「空の生息地を含む樹木を保護することに焦点を合わせる」と述べています。 

国の既存の法律は動物の保護に焦点を当てていますが、AKFは「生息地を保護することはほとんど不可能です」と述べ、「私たちが木の保護について非常に明確にした理由は、あなたがコアラであり、家では、食べるものがなく、道に迷い、車や犬などの脅威にさらされやすくなっています。」

タバート氏はロイター通信に対し、種を救うためには「行動が今や不可欠である」と語った。 

「この終わりのない欠乏と破壊の物語のように聞こえるかもしれませんが、これらの数字は正しいです」と彼女はアウトレットに語った。「彼らはおそらくもっと悪いです。」 

Suggested posts

サム・アスガリは、彼とブリトニー・スピアーズは新しい子犬の耳を切り取らないと言い、練習を「セルフィ​​ッシュ」と呼びます

サム・アスガリは、彼とブリトニー・スピアーズは新しい子犬の耳を切り取らないと言い、練習を「セルフィ​​ッシュ」と呼びます

「まず第一に、私たちは彼女のフロッピーの耳が大好きです」とサム・アスガリは彼と婚約者のブリトニー・スピアーズの新しい子犬ポルシャについて言いました。

ズーミーの原因は何ですか?:獣医はあなたのペットを家の周りでレースさせるものに重きを置いています

ズーミーの原因は何ですか?:獣医はあなたのペットを家の周りでレースさせるものに重きを置いています

Healthy Paws PetInsuranceのコンサルティング獣医であるDr.Zac Pilossophは、犬の「ズーム」は犬の「幸せであることの最良の表現」であると述べています。

Related posts

スミソニアン国立動物園が5匹の愛らしいチーターカブスの誕生を発表:「とてもやりがいのある」

スミソニアン国立動物園が5匹の愛らしいチーターカブスの誕生を発表:「とてもやりがいのある」

ワシントンDCの国立動物園からのニュースリリースによると、5歳のロザリーは火曜日の朝、バージニア州フロントロイヤルのスミスソニアン保護生物学研究所でチーターの五つ子を産んだ。

世界最古のシロサイである54歳のおじいちゃんトビーがイタリアの動物園で死去

世界最古のシロサイである54歳のおじいちゃんトビーがイタリアの動物園で死去

イタリアの動物園によると、54歳のシロサイ「ノンノトビー」(おじいちゃんトビー)は、ヴェローナ近くのパルコナチュラビバで倒れた後、死亡した。

2つの頭と6つの足を持つ珍しい赤ちゃんキスイガメタートルハッチ

2つの頭と6つの足を持つ珍しい赤ちゃんキスイガメタートルハッチ

マサチューセッツ州で生まれたキスイガメの孵化は、2つの頭と6つの足を持っています。

コロラド野生生物担当官は、2年間動物の首の周りに詰まったタイヤから野生のワピチを解放します

コロラド野生生物担当官は、2年間動物の首の周りに詰まったタイヤから野生のワピチを解放します

コロラドパークスアンドワイルドライフオフィサーは、少なくとも2年間、動物の首に引っかかっている重いタイヤから常駐のワピチを解放します

Categories

Languages