男性(79歳)は、美容学校に通い、視力が衰える中、50歳の妻のためにヘアメイクをする方法を学びました。

2021-05-01

カナダのアルバータ州出身の79歳の男性は、先週、「美しい」妻の髪と化粧の仕方についてのレッスンのために美容学校に通いました。

50年の彼の妻は常に彼女の外見と「それは彼女にとって重要である」ことを「誇りに思っている」が、視力の低下のためにそれはますます困難になった、とデルマーヘアエステティックカレッジのディレクター、キャリーハンナはSWNSに語った。

匿名を選択した夫は、視力障害のためにカーリングワンドで自分自身を燃やし続けたため、最初に妻の髪の毛の作り方を学びたいと考えました。 

関連: 現在アメリカで最も年長の114歳の女性に会いましょう:「彼女は心配を信じていません」

デルマーカレッジは、愛する配偶者に学生とマネキンを配置し、髪をカールさせて妻の肌を保護する方法を教えました。

彼女の髪の毛の作り方を学んだ後、彼は美容学校の従業員に彼の妻にマスカラを塗る方法のヒントを求めました。

「マスカラも大変だったので、マスカラの塗り方のコツも聞かれましたので、メイクのレッスンもしました!」ハンナはSWNSに語った。「彼はヘアアイロンセットとマスカラの塗布に関するレッスンのために私たちと約1時間過ごしました。」

夫の妻への愛情は、美容学校のスタッフや生徒たちに「触れ」、「涙を流した」。 

関連: ウォルマートのリリーフリルヘアボウランドブランドの6歳の創設者

「彼は愛情を込めて財布から写真を取り出し、妻をみんなに見せ、彼女がいつもどれほど美しいか、そして彼女が働いているときに毎分100語以上を入力するスキルセットで彼女がどれほど才能があるかを自慢しました」とハンナはアウトレットに語った。

「彼女の外見は常に彼女が誇りに思っているものであり、それは彼女にとって重要であり、したがって彼にとっても重要です」と彼女は付け加えました。

「彼は5月に80歳になります。彼はヘアカレッジに足を踏み入れてヘアスタイリングのレッスンを求めることに対しても非常に勇敢な人だと思います。あまり多くの男性がそうすることはないと思います」と美容学校のディレクターは語った。 SWNS。

ストーリーを見逃すことはありません—ジューシーな有名人のニュースから魅力的なヒューマンインタレスト記事まで、PEOPLEが提供する最高のものを最新の状態に保つために、PEOPLEの無料の日刊ニュースレターサインアップしてください

夫婦ともに美容学校を再訪し、皆様のご協力に感謝いたします。

「彼らは両方とも彼の新しいプロのスキルに感銘を受けており、彼女の髪は素晴らしく見えます!」ハンナは言った。

Suggested posts

アンディ・コーエンの幼なじみは、行方不明になった1か月後にハドソン川で死んでいるのを発見したと伝えられています

アンディ・コーエンの幼なじみは、行方不明になった1か月後にハドソン川で死んでいるのを発見したと伝えられています

アンディ・コーエンが今月初めに友人のアンディ・ネイマンのために行方不明者のチラシを共有した後、ネイマンの妹は彼がポキプシーのハドソン川の岸で死んでいるのが発見されたことを確認しました

全国の都市や町が6月16日を祝っている方法は次のとおりです

全国の都市や町が6月16日を祝っている方法は次のとおりです

音楽祭から黒人アーティストを紹介する展示まで、今週末の6月16日を記念して全国で行われるお祝いのいくつかをご覧ください

Related posts

企業が2021年6月16日にどのようにマークを付けているか

企業が2021年6月16日にどのようにマークを付けているか

有給休暇から教育プログラムまで、企業が2021年6月16日をどのように認識しているかを次に示します。

ノースカロライナ州のチュービング事故で3人が死亡、2人が行方不明

ノースカロライナ州のチュービング事故で3人が死亡、2人が行方不明

水曜日の夕方に起こったと伝えられている事件では、ノースカロライナ州北部のデュークエナジー工場近くのダムを数本の塊茎が越えた。

Airbnbの共同創設者は、500万ドルの寄付で難民を支援するために会社の2500万ドルの資金を立ち上げるのを支援します

Airbnbの共同創設者は、500万ドルの寄付で難民を支援するために会社の2500万ドルの資金を立ち上げるのを支援します

「もちろん、ヨーロッパへの難民の驚異的な流入を見て、多くの質問が投げかけられました。私たちが助けてくれませんか?私たちができることがわかりました」とAirbnbの共同創設者であるジョー・ゲビアはPEOPLEに語ります。

休日を現実にするのを手伝った「ジューンティーンスの祖母」オパール・リーについて知っておくべきこと

休日を現実にするのを手伝った「ジューンティーンスの祖母」オパール・リーについて知っておくべきこと

オパール・リー(94歳)は、ジューンティーンスを連邦の祝日として認めさせるために何年も前から提唱してきました。

Categories

Languages